メニュー

なかいち通信

ハリとお灸の話

㉔2種類のハリ 

現在、当院では2種類のハリを使って治療をしています。
  毫鍼(ごうしん)と鍉鍼(ていしん)です。

 

豪鍼は、従来から使っている使い捨てのハリで、体内に1~2ミリ刺入します。
  これで脈を整え、気の巡りを良くし、症状の改善の図っていきます。
  主に東洋医学的処置に用います。

一方の鍉鍼は、体内には刺さず、体表面に軽く接触し、
  チクチクとした痛圧刺激を加えていきます。

この痛みの刺激が、生体内に「痛いもの反射」を引き起こし、
  副交感神経反応を促し、交感神経の興奮を鎮め、
  自律神経のバランスを整えてくれます。

実は、痛みや腫れ、凝りやしびれのある所は、「交感神経の害」といって、
  炎症があったり、神経の痛みや血行障害が起こっていたりします。
  副交感神経反応はそれらを緩和してくれるのです。

治療ではこのように2種類のハリを用いて、気になる症状を改善し、
  自然治癒力が高まるように導いています。