メニュー

なかいち通信

ハリとお灸の話

⑱接骨院のかかり方 2

    手を伸ばして荷物を取ろうとした時、急に肩が痛くなった」という患者さんです。
         
肩関節の捻挫として治療を始めました。しかし、痛みがなかなか取れません。

 
        このような場合、腱・腱板損傷を伴った捻挫が疑われます。

 
        筋肉は白いスジの腱になって骨に付いていますが、
   
腱には血管の分布が少なく、データによれば治るのに約5カ月かかります。

 

    ところが、4ヵ月を越えても治らないと、
   
接骨院ではそれ以上、保険治療ができない決まりになっています。
   
そのため一度、保険の請求を中止しなければなりません。

 

  

   ただし、ここで他に気になる症状があれば、

新しく傷病名を立てることで、保険治療が可能です。

 

  こうして新たな部位で保険治療をしながら、

先の肩関節捻挫にも施術を続けていきます。   

 長期にわたる治療の場合、このような方法が、よく接骨院ではとられます。

 

 ただ最近は、治療が長引くと、保険者である役所や健康保険組合から

転医を指示されたりします。

 

 様々な制約や規制の中で、接骨院での保険治療が取り扱われています。