メニュー

なかいち通信

ハリとお灸の話

⑥逆子(さかご)のお灸

ツボには不思議な効能があります。


その一つが逆子に効く至陰(しいん)というツボです。
場所は足の小指で、爪の後ろ外側にあります。


このツボはお灸がよく効きます。
うまく当たったときには、お灸をすえている最中に胎児が動き、
位置の矯正が見られるほどです。

 

1987年、東邦大学付属病院の林田和郎医師より、逆子に対するお灸の報告がなされました。
それによれば、2000人以上にお灸を行い
28週からはじめた妊婦の約90%が、正常位になったとのことです。

 

ただし、34週前後を過ぎると矯正が難しくなり、
効果があったのは約43%でした。
なお、約80%の人が、4日間のお灸で矯正ができ、副作用は1件もありませんでした。