メニュー

なかいち通信

ハリとお灸の話

①ハリとお灸の話

ハリをすると体の血流が良くなります。

 

これはハリによる刺激が自律神経に作用し、
血管を拡張し血液の流れを良くするためです。

 

血液には体温を一定に保ち、細胞に酸素と栄養分を運ぶ働きがあります。
だからハリ治療をすると体が温まり、細胞が元気になるのです。

 

人の体には約60兆個の細胞があるといわれますが、それらが元気になることで、
自然治癒力が高まるのです。

 

こうしたことがあるため、中国で生まれて2千年、
現在もハリは病気の治療や予防、疲労の回復に利用されています。

 

最近では顔面の美容を目的としたハリ治療まで登場しています。